FC2カウンター

黒ねこ時計 くろック D2

プロフィール

キャンディ

Author:キャンディ
キャンディ(♀)

6・28生まれ。かに座のB型。
かなりぼ~っとしたマイペース人間です^^;
でも、驚くほど気の強いところも持ってるみたい。(なによ、みたいって・・・^^;)

でも実は、すっごい淋しがり屋さんです。。。
なのでぜひぜひ、コメント残していってくださいね~^^

現在、プリザーブドフラワーのインストラクターを目指して勉強中です☆
同じくプロを目指している方、すでにプロとして活躍されている方、ぜひお友達になってくださいね♪



好きなもの・・・阪神タイガース・旭化成スパーキッズ(永遠に。。。)大分三好ヴァイセアドラー・フラワーアレンジ・ネコ・かわいいのも・ピンク・・・etc。。。


好きな人・・・南克幸さん♪(彼以上の人は、いません!!←キッパリ!)


好きなアーティスト・・・コブクロ・大山太徳さん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

南風~MINAMIKAZE~
プリザーブドフラワーのインストラクターを目指してがんばってます☆ ~『南風』は私の大好きな南克幸さんから1字いただきました♪ そして南風という言葉の持つ、温かでで優しく包み込んでくれるイメージ、そんな人になれたらな・という願いもこめて~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おみやげ
少し前の話になりますが・・・

長男が修学旅行に行って来ました

奈良・伊勢方面です。
兵庫県の小学校は、ここが多いですね。私もそーでした^^;


でも、私の頃と違うのは、鈴鹿サーキットの遊園地で遊べることかなあ~。。。
すっごく楽しかったそうです。いいな~~~~~><


そして、修学旅行の楽しみのひとつに、「おみやげ」選びがありますよね~
弟からは、「兄ちゃん、おみやげな、おみやげな!」と、ずっと催促されていましたが^^;

どんなものを選んでくるのかな~って、楽しみにしていましたが、家に帰ってくると、まずお土産の袋を開けて、「これは奈良で買ってきてん。こっちは鳥羽水族館で・・・」と、いろいろ説明しながら見せてくれました。
たいていは置物で、本人は、特に「クリスタル」のものが気に入っているそうです。

そして、いろいろ考えて「オマエに、これ、やる。」と、奈良で買ったという、五重塔の置物を、弟に渡していました。


「おいおい。今、考えて渡したんかい^^;」
・・・と思いつつ、喜ぶ弟と自慢げなおにいちゃんを見て、微笑ましい気持ちになりました^^


すると・・・・・


「母ちゃんには、これ」
と言って、私に箱を渡してくれました。
開けてみると。。。これが入ってました

真珠のネックレス


真珠のネックレス

イミテーションではあるでしょうが、それでも子どもからすれば、安い買い物ではないはず・・・。
でも、それでも「お母さんのために・・・」って選んでくれた息子の気持ちが、本当に嬉しかった・・・
私には、本物より価値がある真珠です。
ありがとう。大事にするからね!


で・・・
「ねえ。お父さんには何買ってきたの?」と聞くと・・・息子の顔色がさ~っと変わりました


「あ・・・。どーしよ。忘れてた・・・

どっひゃ~~~~


結局、自分用に買ってきたと言うクリスタルの置物のひとつを「絶対、ないしょやで!」ということで、渡しました。

何も知らないダンナは・・・
「ちゃんとみんなのこと考えて買ってきてくれたんか~」
・・・と、しきりに感激しておりました。。。
横で長男と私が、ピクピクとひきつっていたことは、言うまでもありません


まさか、こんなオチがあるとは・・・ね(笑)




スポンサーサイト
無口な父
ごぶさたしておりますm(__)m
なかなかネットする時間がとれず、私自身もさみし~~思いをしています(T_T)

今日は日曜日。
仕事は休みですが、家事やお買い物でバタバタしていました


最近、忙しいのもあって、アレンジをできていません><
お花の話題がずいぶん遠ざかって申し訳ないのですが・・・・


今日も別の話題です(-_-;)




でも、ちょっと笑えるお話なので、まあ、読んでみてくださいね(^_^;)




以前、私の父の話をしたことがありますが、今回も父の話です。

父は、典型的な昭和男(笑)
口数はあまり多くありませんでしたが、とにかく家族思いの人でした。


あ。「でした」って過去形ですど、生きてまっせ(笑)
今でも、とっても家族思いです(*^^)v


家族思いなのはいいんですが・・・
それが年頃のムスメにとっては、すんごいうっとおしく思えたんですよね~

今日は、そんな頃のお話。。。



あれは、私が20代前半のころだったでしょうか。。。
典型的昭和男の父は、門限のも厳しかったんですよね。
友達と遊んでいても、いつも時間を気にしなきゃいけなかったんで、すごく嫌でした


いつも帰る前と、最寄の駅に着いてから、必ずデンワをしないとすっごい叱られました(>_<)
でも、デンワしたってぐじぐじ言われるんだから、たまったもんじゃない



その日も帰りが遅くなったので(・・・といっても、日付が変わることなんてなかったけど。。)駅からデンワして、自転車で家に向かっていました。
音楽を聴きながら


ま、当時はウォークマンってやつだったけどww(時代を感じるなあ^^;)



しばらくコギコギしていると、なんとなく後ろに自転車の気配を感じました。

「誰かわかんないから、嫌だなー。先に行かせよう。」


そう思った私は、自転車を漕ぐペースを少し落として、抜かしていいよ~って合図に、道の端っこを走るようにしました。



ところがです!!


その自転車は、私を追い抜く気配すら見せず、それどころか、同じように自転車のスピードを緩めて来たではありませんか!!!!!




「な・・何?!これって~、これって~もしかして・・・・・




ツケラレテル?!





どどどど・・・どうしよ~~~~~~~~~~(>_<)





心臓バクバク!
でも、なんとかせなあかん!!逃げなあかん!!
そう思った私は、徐々にスピードをあげていきました。




すると、思ったとおりその自転車ヤローも、同じようにスピードを増してきたのです~~!!!


キャンディ、危うし!!!
逃げろ!逃げるんだ~~~~~~!!!!!



もう、これでもか!!ってくらいの勢い、それこそ競輪選手のように前かがみになって、漕ぐ漕ぐ!


そして、やっと家が見えてきた~~~~~!
自転車を門や体にぶつけながら、やっとの思いでゴ~~~~~~~~~~ル!!!



そして、「お前は中には入れへんで!!」という思いで門をガッシャーンと閉めたそのとき!!!






「おい。ワシや、ワシ。」









・・・・・・・・へ?





汗にまみれ、息も絶え絶えの私の前に現れたその男は・・・・





そう。
父だったんです・・・・・。





母が言うには、父は私が大阪駅から電話してきたあと、着く時間を見計らって迎えに来ていたらしいのです。
ところが、そんなこととは知らない私は父に気付かず・・・・

そして、父は父で、私を見つけたにも関わらず、声も掛けないで後を付けてきたらしいのです。。。





「あのなあ!私はどんだけ怖い思いしたと思ってんのよ


涙ながらに訴える私。


そのあと、またまた父は、母にこっぴどく叱られたのでありました(^_^;)




まあ、今はね、父ちゃんの気持ち、とってもよくわかるよ^^



でも。
あの時は、ホンマに怖かったんやで~~~(>_<)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

父と菊と私
今日は、私の父のお話です^^
うちの父は、と~っても真面目でお堅い人です^^;
父の趣味って「これ」ってないみたいなんですが、ずっと庭いじりが好きでやってます。
「ガーデン」じゃなくて「庭」ね(笑)

当然、「ガーデニング」じゃなくて「盆栽」^^;
私が「ね~、もっと花が咲くやつ育ててえな~」って言うと、「咲いとるやないか」と、指差したその先にあったのは・・・
「菊」。。。。。

それも、フラワーアレンジに使う「マム」って呼ばれるものではなく、ほんまに「菊」。日本菊ですわ・・・(-_-;)

でも、そんな父ならではのおもしろエピソードが、多々あります(~_~)


そのひとつが、これからお話しする「父と菊と私」(笑)です^^;



当時私は、中学生か高校生だったと思います。
ある日、40度近い高熱を出してうなされておりました。。。

40度となれば、かなり意識ももうろうとしております。
歩くと、ふらつきます。

そして・・・
私は見たのです・・・。

遠くなっていく意識の中で、ぼんやり見えたのです。

「あ・・・花だ。花が咲いている・・・。白い・・・菊・・・」

・・・って・・・

「え??私・・・私・・・もしかして・・・とうとう・・・とうとう天国に~~???」



でも。


この見慣れた天井。押入れのふすま。本棚。



「あれ・・・??」



ふらつきながら布団から起き上がって、ふとさっきの花が咲いているところに目をやると・・・


「ひいいいいいいい~~~~っ!!なんじゃこりゃ~~~~~~!!!!( ̄□ ̄;)」



部屋に『でんっ』と置かれた、大きな鉢に植えられた、真っ白な大輪の菊!


なんで?なんでこんなとこに・・・??
もう、なんだか見てると悲しくなってきました。。。

だって、どーしても「お葬式」とかのイメージがあるでしょ?
特に、こんな体調が悪いときに見ると・・・(T_T)



「そうや。こんなん持ってくるの、お父さんしかおらんし!!」



そう思った私は、ふらつきながら、半べそかきながら、大きな鉢を抱えて階段を下りて、両親のいるリビングへ・・・。



「こんなん置いていったの、おとーさんやろ?!いやや!白い菊なんか・・・私・・・まだ死んでない~~~びえ~~~ん」


・・・と、泣いて訴えました。



この事実は、父意外、だれも知らなかったようで、父がこっそり私の部屋に持ってきたんです。

母はびっくり、弟は大笑い。。。


「お父さんっ!!!!!なんでこんなことしたんの?!私かて、熱あるとき菊置かれたらいややわ!!」


母にこっぴどく叱られた父は、シュンとして「お。そ・・そうか・・・。」と・・・。


でも、父が私の部屋に菊を置いて行ったのには、こんな訳があるんです。


菊(・・・に限らずでしょうが)は、きれいな空気を出してくれますよね。
私の熱がなかなか下がらないことを心配した父は、部屋に菊を置いて、空気をきれいにしてやろう・・・と思ってくれたんですね。

もっと他のお花ならよかったんですが、当時父の育てていた花が「菊」しかなかったんです^^;

とにかく、思ったら「まっすぐ」な人なんですね~。
そんなとこ、私はそっくりみたいです



ちょっとまっすぐすぎて、周りがびっくりしちゃうけど、でも、誰よりも子ども・家族のことを考えてくれている父。


菊にはびっくりしちゃったけど、そんなお父さんの気持ち、誰よりうれしく思ったよ^^


ありがとう。












テーマ:つぶやき - ジャンル:日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。